有機ゲルマニウム 効果

有機ゲルマニウムの効果感想。大腸がんから今では健康な毎日に!

大腸がんが小さくなった?!

 

東京都にお住いの43歳男性。
ある日突然、排便したときに血が混ざっていて驚いたそうです。
30代前半の頃に極度の便秘に悩まされ、そのころから痔にもなり、排便時に出血してしまうことは度々あったそうなのです。
排便時の出血はしばらくぶりのことなのではじめは驚いたのですが、あの時の痔が再発したのかもしれないと、その時はあまり気にしていなかったそうです。
しかしその後も出血が度々あり、特に便秘がひどいわけでもないし、妻に相談したら、一応病院で検査してもら他ほうがいいということになり、肛門科に受診しに行きました。

 

◆大腸がんの可能性

肛門科に受診して医師に告げられたことは、大腸がんの可能性があることでした。
自分では痔だと思い込んでいたので、言葉が出なかったのだとか。
後日、肛門科の先生に紹介された病院で検査を受けたところ、初期段階の大腸がんと判明。
頭が混乱して、そのことを受け入れることができずにしばらく時間が過ぎていったのだとか。

 

◆告知を受けてから

告知を受けてからしばらくはつらい毎日を送ってました。
手術をするにも、次の日すぐに行うわけでのないので、それまでの間、薬による治療をおこない、生活習慣を見直したりしてましたが、いくら初期段階の大腸がんで手術の成功する確率も高いということでしたが、もしかしたらという思いもあり、これからの人生のことを考えると不安に押しつぶされそうな毎日だったのだとか。

 

◆有機ゲルマニウムを知って

大腸がんをインターネットなどで調べると、年齢が若いほど最悪のケースになる率はたかいそうで、自分もまだ43歳なので、進行もはやいことがあるというのです。
毎日の不安を抱えながら生活していた時に、通院していた病院で、胃がんの方とお知り合いになり、お話を聞いてると有機ゲルマニウムのことを教えていただきました。
有機ゲルマニウムは、癌治療の時に勧められることもあるらしく、癌細胞の進行を遅らせたする可能性があるというのです。
その方はインターフェロンとかなんとかとかいろいろ難しい成分などのことを、丁寧に説明してくれましたが、自分には全くわからずはっきりとは成分について覚えてないのですが、有機ゲルマニウムを摂ることで、癌の再発や転移予防にもなるというので、医師に相談してから、有機ゲルマニウムを飲んでみることにしたのです。

 

◆手術までの間に

手術まで、大腸がん発見から1か月半ほど、検査入院やら他のことで期間が開くために、その間しっかりと有機ゲルマニウムを飲んでみることにしました。
飲み始めて1週間くらいしたころでしょうか、妻から「近頃顔色いいんじゃない?」と言われたのです。
有機ゲルマニウムを飲み始めて1週間だったし、その効果がでてるなどとは全く想像もしてなく、「そうかなぁ・・・」とその時は何も気にしてなかったのです。
大腸がんの痛みなど自覚症状もほとんど感じないので、少しずつ普段の生活に戻ってきたからだと思いましたが、今思い返せば有機ゲルマニウムの抗うつ作用や鎮痛作用などが出ていたのかもしれません。

 

◆手術して

手術前に仕事も休暇を取り、体力温存して気持ちも落ち着かせようとしていました。
そして手術前の検査で担当の医師から驚きのことを告げられたのです。
それは大腸がんが小さくなってるかもしれないということでした。
なくなったわけではないが、はじめて検査を受けた時よりも小さくなってる感じがするというのです。
そのことで、思いつくのは有機ゲルマニウムのことでしたが、それより癌が少し小さくなったかもしれないということで、何か安心感のような感覚があり、気持ちも落ち着いて手術に臨むことができました。
そして無事に手術も成功。
術後の回復も順調で思ったより早く退院できるでということでした。
退院後も定期的に通院して経過チェックしてるだけで、特に大きな治療をしなくてはいけないこともありません。
仕事もすぐに復帰して、仕事の仲間にも、こんなに早く治るのかと驚かれたそうです。
しかし、体調経過が順調でも、有機ゲルマニウムを飲み続けてます。
いくら初期段階の大腸がんで手術が成功したとはいえ、まったく怖さや不安が消えることはありません。有機ゲルマニウムは再発・移転予防にもなるというので、ころからも有機ゲルマニウムは飲み続けていきたいと思ってるそうです。

 

※個人的な感想と効果です。

 

抜け毛を防ぐ